稲刈り 始まりましたぁぁぁ!

こんにちは キンチャンです。


いよいよ 稲刈りが始まりましたよぉぉっ


しっかし 毎年 稲刈り近くになると 雨 雨 あめ!
先日 16日に突然のスコーーール!


この雨で 倒伏し始めた 稲

これは まだ 軽傷です。
最悪は 田 全面 倒伏して 稲刈りがとんでもなく 手間取ります。



当地では 早生品種で 「ゆめみづほ」 という米がありまして
いまは この品種の刈り取りが始まりました。



ゆめみづほ でーーす。


左は 刈り取りが終わった田です。
うーーん スッキリ!


乾燥機に入れて 水分 15%位にしますが


乾燥機の水分計 と ハンディタイプの水分計 の誤差調整


これが 毎年 頭を悩まします。


刈り取り直後の水分


今日は 乾燥機 が 24.8%

ハンディが24.9%


なんと ほぼ 誤差無し 


いつもは 1〜2% 違うのに・・・


水分は 14.5% 〜 15% での出荷です。


水分が 適正でないと 買取り価格が 下がりますので 気を遣いますねぇ。


とりあえず 設定を 15%にして 乾燥途中で 調整します。



さてさて 今日 周囲で稲刈りをしていた人は 数人でした。


これは ライスセンター方式といって 
ライスセンターという 巨大な乾燥施設周辺の各地域が
順番性で 稲刈りをする日程が決まっていますので
今日は 私の地域の日では なかったために
自前で 乾燥機を持っている人以外は 稲刈りをしていないためです。


この 順番性は 割り当てられた日が雨だったら
また 次の順番の日まで 数日  待たなくてはならず
またまた 雨だったりしたら・・・・
収穫の適日 を 逃して 品質にも影響します。


また 順番の日が 晴れても 前日が雨だったりしたら
田面が柔らかいので
重いコンバイン(稲刈り機) のキャタピラーで
田の土が 荒らされて 翌年の春作業が 大変になります。 



兼業農家は仕事を休む段取りもあって 大変です。


効率化の陰の部分ですね。


かといって 自前で 農業機械を揃えて・・・  なぁんてことは


米価格が下がっている状況では 無理です!


米作って 飯食えない 日本の稲作農家!
瑞穂の国 とか言いながら


自然に左右される農業 農地 を 工業的にしか 捉えられていない
安倍首相 の方向性は・・・・???



















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。