ごめんなさい! きゅうり&トマト よ! + おまけ 

水耕栽培用に きゅうり と トマト の苗を育成中でしたが・・・

稲作の雑草や モロモロ に追われて

水溶液の補充を 怠ったために

枯れてしまいました。 

昨日は トマトが まだ 大丈夫でしたが

今日は・・・ ごめんなさい   です。


きゅうりは 去年 あまくて おいしかったので

栽培方法を確認のために 育てたかったのだが・・・


トマトは マイクロトマト、プチトマト、ミニトマト と

何種類か セットしていたのですが  ごめんなさい!。


8月末の稲刈りにむけて

いろんな 準備もしなければいけないから

野菜まで 手が回せないかぁ~~~


さて 植物以外の ネタでも・・


以前に 産廃の仕事をしていまして

住宅の 宅地造成から住宅の完成まで

モロモロの 廃棄物を扱う会社いまして

現場で 収集運搬をしていました。


そのときに 今の家を新築しましたが

裏方を見続けていましたので

それなりに 納得して 建てることができました。

「それなりに」 とは 資金の関係で 断念したこともありました。


人それぞれの考えや価値観が あり

住宅メーカーも いろいろなので

これが 最高 とは なかなか 言えませんねぇ。


住宅展示場、モデルハウスは

間取りや、動線、収納などの参考になると思います。

これらは 注文住宅ならば どこで 建てても

設計段階で 取り入れることができますからね。


今は ほとんどが高気密・高断熱 ですが・・・

壁裏に グラスウールを詰め込む

内断熱方式では 高気密は 無理ですね。

施工現場をいくつも 見ていての感想です。


私は 家を丸ごと断熱材(発砲スチロールのもっと高性能なもの)

でぐるっと囲む 外断熱を選択しました。


24時間換気が 多いでしょうが

換気の機械は屋根裏などにあるので

10年、20年して そのメーカーが存在しているか?


屋根材は 瓦は一般的でしょうが

コロニアルという素材は10年や20年経過すると

表面の塗装がはがれてきて そこから 雨水がしみこむと

アウト!!! です。


同様に 外壁材 サイディング も塗装がはがれてくると

再塗装や外壁工事となりますので 100万円以上の準備を!


コロニアルもサイディングも

廃材で 残っているもので

水が染み込んだものは 本当にモロイ状態で

簡単に割れたり 崩れたりしました。

わたしは ガルバリュウムという

体育館などの屋根材を外壁に選びました。

20年以上は ノーメンテナンス でOK!


まぁ サイディング よりも デザイン性は 劣りますがね。

住宅ローンの支払途中で さらに リフォームローンは ごめんです。


大手住宅メーカーでも !?!?!? ですよ


既存のプランから選んでも 

例えば 窓の位置を 少しずらすことになると

設計変更となって・・・

結局 お高くなってしまったり


半期の決算時期になると

大工さんの突貫工事で 

1か月少々で 建ててしまうメーカーがあったり

検査に合格しているとしても不安です。


我が家の冷房は一般的なエアコンで

暖房は富士通のホットマン!

このホットマンは家の外のボイラーで不凍液を加熱して

不凍液をチューブで家の中に取り込み

その熱をファンで部屋に拡散!


家の中で灯油を燃やさないので 水分が出ません。

柔らかな温かさです。


ファンヒーターやストーブで灯油を燃やすと水分が出るので

結露のネタになります。


もし 今 空調を買うなら

輻射熱方式の「エコウィン(ECOWIN)」

が気になっています。

輻射熱で 冷暖房ができて

輻射熱なので 風がでません。

これは きっと昼寝にいいですよ!



地震の観点から・・・

地震そのもので被害にあうよりも

住宅の倒壊などで被害にあう人が多いのだとか・・・


石川県のメーカーで

「発泡ポリスチレン」で家をつくってます。


産廃収集で現場を見たことがありますが

確かに 地震で倒壊することはないと思います。

実際 今の熊本地震でも

大丈夫だったようです。


家は 3度目で 納得できるといいますが・・・

今 思うに

各部屋に押し入れなどの収納はいらないから

収納庫、収納部屋を確保したいと!


団舎利すれば いいのだけれど


できません!


ながぁぁーーい おまけ でした。


 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。