種籾の浸種 新種じゃ ないよ

浸種 とは 種籾を 土に播く前に

水に浸けて 籾殻に含まれている

発芽抑制物質を抜いて

土に播いたときに 発芽しやすくします。


自然界では この発芽抑制物質のおかげで

秋の稲刈り田にこぼれた 種もみ が

春まで発芽しないのです。


午前中 種籾を浸ける為の浴槽の断熱処理をしました。

新聞で型をとり 断熱材をコーキングでくっつけました

これで いいのだ!


5日に選別して 酢による24時間殺菌

の予定が 雨が降りそうなのと

体がダルイ・・・


という訳で 3時間ほど早く21時間で殺菌終了!


まぁ 工業製品ではないので

これくらいゆるい 感覚で楽しむのが いいのですよ


ちなみに 殺菌に使った酢は 5倍酢

5倍に薄めて 通常の酢と同じ濃さになる濃縮タイプ

  経済的

エーコープに売っています。


プラスチック製のスノコを敷いて 種籾を入れて

観賞魚用のエアーストーンを仕込みます。


これで 雑菌が繁殖しにくくなります。


浸種の期間は 積算温度で100度

1日の平均水温が10度 とすると 約10日間

という感じです。


なので エアーストーンの ブクブク が必需品です。


さて エアーポンプの代わりに

浄化槽用の 曝気ポンプを使いますよ。


実は 3年前から 水耕栽培をしていて

いくつもの 栽培溶液に

いちいち エアーポンプを買っていては 高くつく!


そこで  浄化槽用の 曝気ポンプ に 水道ホースをつなげて

ホースの 適当な所に カッターの先で 

1〜2ミリ ほどの穴を開けて 分岐をねじ込み

エアーストーンをつなげます。

ホースの終端は塩ビ管をねじ込み

塩ビ管用のキャップを付けて空気を止めます。


この方法は 観賞魚の水槽を沢山 持つ人に

オススメです。


水道ホースの長さは20メートルほどで使っていますが

問題ありません。


ひとつの浴槽に 3つのエアーストーンをセット!


水温は・・・ 10.5度

うーーん 高いです。


浸種の期間は 人それぞれで

2日ほどで 種を播く直前にする人もいますが


わたしは ゆっーーーくりと

3週間くらい かけたいので 5度位に冷やさねば・・


冷凍庫に2リットルのペットボトルで 氷を作って

どんどん入れまっせ


断熱用のアルミシートをかぶせて


終了!


カラダが 震える 風邪??



午前中に 農機展示会へ行ってきたので

その様子など・・・ そのうちに


早めに寝た 日曜日でした。 







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。