14兆円も 経済効果があるのか!

新聞に TPPによって14兆円の経済効果が予想されると。
TPPの是非について論じられるとき
農業対工業 という図式で
自由化でのメリットが大きいから TPPを推進するべき。
となっているけれど・・・


たしかに 1次産業以外で働いている人が多いから
TPPで経済効果があり 給料がアップすればバンザーイ となるだろうけれど
その 働いている人たちは同時に生活している ひとり でもあるんだよねぇ。


東芝のリストラのように たとえ今 大企業や優良企業に勤めていても
リストラや転職、定年で 大企業の庇護から外れて
ひとりの生活者となる日は 確実にやってくる。


TPPで変化する生活でのデメリットが給料がアップするより
大きな影響を受けるような気がするんですけどねぇ。


それぞれの今の働いている立場は 置いておいて
大丈夫なのかぁ? て思うのは


TPPって
  交渉参加国は「秘密保持契約」に署名しているため、交渉内容や過程の
  情報は公開されず、批准後も4年間秘匿とされ、国会も市民も、知ることが
  できないこと。


 国民主権の日本の代表者が 主権者である国民に秘密で契約を結ぶ?
 日常生活で いろんな契約を結ぶ時に隠された契約書にサインするかね?


  さらに「投資家対国家紛争解決制度(ISD)条項」が含まれており
  市民の生命や財産を守るために国や地方公共団体が行う規制に対し
  外国企業や投資家が提訴する可能性さえあること。


 大企業や金持ちが 金儲けのために日本で投資をしようとした時
 法律や条例の規制で思ったような金儲けができないときに、国や行政機関を
 訴えることができて、しかも その裁判をするのがアメリカ。
 さらに 判決結果に対して控訴できない!
 投資家が勝つパターンが見えてるじゃん
    てことは賠償金を税金から払うのかい!


TPPは条約だから 法律以上に縛りがキツイ。


たとえ 巨額の経済効果があったとしても
生活のあらゆる点で不都合が出てくる気がするんだけれどねぇ・・・


目先のお金が 大事?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。